腸内環境 改善

腸内環境のしくみはシンプル!

健康のカギをにぎる腸内環境。

 

健康な腸

腸内環境を改善できたら今より健康な生活を送れるばかりか、見た目も若返ることが多いと言われています。

 

それもそのはずで、腸内環境がいいということは体に害となる毒素がきちんと排出されているということだからです。

 

デトックス(毒出し)という言葉が盛んに使われていますが、私たちの体は日々毒素にさらされています。

 

食品添加物や残留農薬、汚染された水道水や魚介類、排気ガスやタバコの煙などは日々私たちの体に吸収されています。またそうした体外から取り込まれる毒だけでなく、体内でも毒素がつくられています。

 

それがかの有名な悪玉菌の仕事です。

 

悪玉菌は大腸内に残っている内容物を腐敗発酵させます。その後に悪玉菌が腸内でつくる毒素、毒ガスは腸壁から吸収されて肝臓で解毒・中和されますが、毒素が多いと肝臓が疲弊してしまい機能が低下します。

 

その結果、肝臓でも分解できない毒素が血液に混ざって全身をめぐり、わたしたちのからだのあちらこちらで悪さをするのです。そして老化は早まり、動脈硬化やガン、その他の生活習慣病を引き起こします。

 

このすべてが毒素がきちんと排出されていないことに原因があるのです。そして、毒素がきちんと排出されないのは腸内環境に問題があるからなのです。

 

でも、どうすれば腸内環境を改善して、本当の健康と若々しい自分を手に入れることができるのでしょうか?

 

難しいことをいろいろと調べたり、試したりする必要はありません。

 

単純に腸内の善玉菌を活性化させればよいのです。なぜなら、腸内細菌の総量はほぼ一定であり、善玉菌が活発になって増えれば、悪玉菌は必ず減少するからです。

 

体に毒素をためないようにということで、食べ物に注意したり、空気環境に気をつける人もいますが、現代社会に生活している限り、全く有害物質を取り入れないということは不可能です。

 

また毒素を排出するということで、浣腸や腸内洗浄、発汗を促進すること、薬で便秘を解消することなどに一生懸命取り組む人もいますが、これも毒素対策としては補助的なものでしかありません。

 

エンジンの調子悪い自動車にいくら質のいいオイルやガソリンを入れても根本的な改善にはなりませんし、タイヤやバッテリーを変えたからといって調子がよくなるわけではありません。

 

それと同じで、腸の働きが悪いならば、腸内環境を改善しない限りは毒素を体からきちんと排出していくことは難しいのです。

 

では、腸内環境を改善するために鍵をにぎる「善玉菌」をどのように活性化させていけばよいのでしょうか?

 

善玉菌と呼ばれるものにも様々な種類がありますが、代表的なものはビフィズス菌です。

 

腸内細菌の割合

右のグラフは人の腸内の細菌の割り合いが年齢によってどのように変化していくのかを示したものですが、赤のラインで示されているビフィズス菌の割合に注目して下さい。

 

他の腸内細菌に比較するとドンドン減少していく様子が分かります。

 

 

 

 

それが離乳食後から急激に激減し、10〜15%になります。そして、50歳を過ぎるとさらに激減し、悪玉菌がドンドン優勢になっていきます。また最近は中高年ばかりか若い人にも腸内環境の悪化が目立って増えているようです。

 

もしここでビフィズス菌を活性化させることで減少に歯止めをかけることができればどうなるでしょうか?

 

先ほども述べたとおり、腸内細菌の総量はほぼ一定ですから悪玉菌は増えることができないということになります。つまり、中高年期になっても若いときの腸を保つことができるかもしれないのです。

 

そして、腸の老化を防ぐことができれば、健康で見た目も若々しく生活していくことができるはずです。

 

でも、ビフィズス菌を活性化させるにはどうすればよいのでしょうか?

 

ヨーグルトを食べるのとよいのでしょうか?

 

いいえ、ヨーグルトに含まれる善玉菌の多くは腸に届く前に胃酸や胆汁によって死滅してしまいます。

 

そこで生きて大腸に届く力強い善玉菌を探すことが重要です。。

 

その力強い善玉菌を凝縮すると、こうなりました。
↓ ↓ ↓
善玉菌のチカラで毎朝すっきり